« ER 13-21「結婚しよう」 | トップページ | ER 13-23「蜜月の終わり」 »

2009年3月18日 (水)

ER 13-22「変化の大波」

■新婚のルカとアビーは、今日の勤務が終わればハワイへハネムーンへ出かける予定。ルカはER部長として最後の部長会議に参加する。

■パートナーと言い争いになり階段から転落した女性を担当したアビー。付き添ってきたパートナーからシカゴに引っ越してから人が変わったようだったと聞いたアビーは脳疾患を疑い、その予感は見事的中していた。

■プラットは腹痛を訴える女性の容態を甘く考え、診察を後回しにしていた。心配したサムがICUの救急応答チームに連絡し、ICU部長のモレッティがやって来た時には女性は敗血症を起こし、ICUへ移され一命は取り留めるも意識は戻らなかった。モレッティはERのシステムに問題があると弁明するプラットに嫌味を言い放ち、ER改革のためにアンスポーから受けていたER部長のオファーを受けることにする。

■モリスとホープはルカとアビーが泊まらなかったホテルのスイートで3日間豪遊していた。夢のような生活を続けたいモリスはさらに3泊延長しようとしたのだが、ホープが現実に戻って二人のことを真剣に考えたいとキャンセルする。

■ルカとアビーの結婚式でサムとキスをした医学生のラリーはすっかり彼氏気取り。両親を呼んでサムに会わせた上に食事までセッティングしていた。

■サラと同居を続けることは難しいだろうと考えていたゲイツだが、これまで10年間一緒に暮らした実績から、血縁関係がなくてもサラの保護権を取れる可能性が十分あることがわかった。早速その事をサラに伝え、二人で大喜びする。


ルカの後任のER部長モレッティ。厳格そうでERも引き締まりそうですね。外部からの登用ということで何か変わるかな?日本の病院でもあんなに待たされるものなのでしょうか。10時間待ちとか考えられないのですが
このままじゃいつ第2のエイムスが出てきてもおかしくないと思います。

モリスとホープの泡風呂。昔カーターとハーパーがしてたのを思い出しました。ホープに真剣に考えたいと言われてモリスが引いたように見えたんだけど。プラットも改心したとか言ってたけど怪しいもんだ。

ゲイツはこれまでのことを悔い改め、サラが成人するまでは父親を最優先させて欲しいものです。ニーラが怒りをぶつけたのはどうなんでしょう。プライベートを仕事に持ち込まれたんじゃ患者が迷惑します。ニーラって理不尽なキれ方しそうで怖い…。

いよいよ来週はシーズンファイナル。また気になる終わり方しそうですね。春からのラインアップに14はなし。そりゃそうか^^;

|

« ER 13-21「結婚しよう」 | トップページ | ER 13-23「蜜月の終わり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ER 13-22「変化の大波」:

« ER 13-21「結婚しよう」 | トップページ | ER 13-23「蜜月の終わり」 »