« ER 13-20「明かりが消える」 | トップページ | ER 13-22「変化の大波」 »

2009年3月12日 (木)

ER 13-21「結婚しよう」

■ルカはモリスとホープの協力を得て、アビーには内緒で結婚式の準備を進めていた。当日会場でそれを知らされたアビーは困惑し、断固拒否の姿勢を見せるのだが、ルカの懸命の説得で今日ここで式を挙げることを承諾する。ERのスタッフ達に盛大に祝福される中、ルカとアビーは晴れて夫婦となった。

■レイにオリジナルCDをプレゼントされたニーラは、どうしてもガラントと重なって後ろめたさがあったと告白する。でも今は大丈夫という言葉に期待を持つレイ。しかしニーラがゲイツと話している所を目撃してイライラが募り、一人酒を飲んでいる所にゲイツがやって来ると絡んで殴り合いに発展。プラットに帰されたレイは別の場所でさらに飲み続け、店を出たところで大型トラックにはねられてしまう。

■レイと喧嘩した後、ゲイツはニーラに謝りにやって来た。ニーラはゲイツの傲慢な態度を責め、自分達は駄目になることを知っていて付き合ったのだと話す。そしてはっきりと愛してはいないと告げ、ゲイツとの関係に終止符を打った。


ようやくルカとアビーが夫婦に。めでたいですね~
子連れの式というとマークとエリザベスもそうでした。ダグとキャロルも式挙げたのかな?ホープも念願の結婚プランナーの仕事が出来て良かった良かった(笑)

これで終われば楽しい回だったのに、レイはもうどこまで貧乏くじを引けばいいのか。不憫でなりません。ニーラはガラントのことを引きずったまま、今度はレイのことも引きずることに?以前アビーが自分に関わると不幸になると言ってましたが、ニーラの方がよっぽど不幸を呼んでるような・・。

|

« ER 13-20「明かりが消える」 | トップページ | ER 13-22「変化の大波」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ER 13-21「結婚しよう」:

« ER 13-20「明かりが消える」 | トップページ | ER 13-22「変化の大波」 »