« ER 13-18「写真と思い出」 | トップページ | ER 13-20「明かりが消える」 »

2009年2月26日 (木)

ER 13-19「家族に事情あり」

■チャズを追い出して以来気まずい思いをしていたプラットは、和解を申し出た。同じ思いをしていたチャズはそれを受け入れ、パートで救急隊員の仕事をしたいから推薦状を書いて欲しいと頼む。プラットに相談を受けたゲイツは救急隊員時代のコネを活用して情報収集をし、その見返りに手技を許してもらった。

■DNA検査の結果が郵送されて来ないことにイラだつゲイツ。しかし実はすでにサラが受け取り、実の父娘ではないことがわかっていた。家事を進んでするようになったサラに子供らしくいて欲しいと思うゲイツは、マイクにお金を渡してサラに何か作ってあげて欲しいと頼む。しかしマイクはそれを酒代に使ってしまい、激怒したゲイツはマイクに出て行くよう言い放つ。その後サラに通知書を渡されたゲイツは、これからも一緒に暮らせる方法を考えようとサラに話した。

■アルツハイマーの年老いた父を残して息子が心不全で亡くなる。父親は息子の助けがなければ生活することは到底出来ず、ルカはソーシャルワーカーに頼んですぐに入所出来る施設を探した。幸か不幸か、父親は息子の死をすぐに忘れてしまい、入所を拒む父親にルカは息子も一緒だからと言って納得させる。

■暴力対応クラスで抗議を受ける看護師達。護身術の実践で力のないパンチやキックをするサムに、講師の警察官は本気でかかってこいと檄を飛ばす。するとサムは見違えるような動きで攻撃を繰り出し、警察官の膝を脱臼させてしまった。

■ジョーが熱を出してあたふたするアビー。持参した尿を検査に出し、ベビーシッターがジョーを連れてくるとプラットに診察してもらった。心配しすぎだと言うルカに隠れてやったつもりが全てお見通し。結局ジョーは異常はなく、アビーは一安心する。


プラットとチャズ。和解出来て良かった。チャズは救急隊員になったら間違いなく差別を受けそう。消防署は閉鎖的って会話は振りにしか思えません^^;
プラットは妹とは交流あるんでしょうか。男兄弟と違って気を遣いそう。

サムはやり過ぎ。いくら本気出せと言われても防具ないとこ蹴っちゃダメでしょう。除細動機使ったのも問題では?下手すりゃ訴訟問題になりかねないと思うのですがcoldsweats01

アビーは同じようなケースを数え切れないほど見てるはずなのに、やはり我が子となると違うんですね。キャロルもそんなことがあった気がします。その時もルカが心配ないって言ってたかも。テス&ケイトはもう7歳?4ショット一度観てみたいなぁ。

ゲイツとサラが一緒に住むには養子にするしかない?そうなるとゲイツとニーラはますますなさそう。あの父親までいるし。でもレイの方もケイティが入ってきそう?レイも待ってるだけじゃなくそっちを解決しておかないと。

|

« ER 13-18「写真と思い出」 | トップページ | ER 13-20「明かりが消える」 »

コメント

こたさ~ん。ただいまですぅ~。
やっと落ち着きました…
光はすばらしい!いままで98だった事を思うと
自分で自分を不憫に思ってしまったsad
しかも、このエピソードは見れなくて…
みなさんの所で見まくって来週は是が非でも見ないとです!!
ルカ&アビー、ニーラ&ゲイツ(レイ?)気になります。やはりゲイツとサラは親子ではなかったんですね。ちょっと気になっていました。これからどうなるのでしょう。サラには他に身内はいないのかな~?

またコメントさせて頂きますので、よろしくお願いしますね♪

投稿: Miyo | 2009年2月27日 (金) 22時19分

Miyoさん、お帰りなさいhappy01
これから怒涛の終盤へ。またよろしくお願いします。
サラは結局祖父母の所へ落ち着くのかなぁ。
いくらゲイツが親代わりのような存在だったとしても
このまま同居を続けるのは不自然だし。
メグが最後にゲイツの子かもしれないと言ったのは、願望だったのかもしれませんね。

投稿: こた | 2009年2月28日 (土) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174329/44178916

この記事へのトラックバック一覧です: ER 13-19「家族に事情あり」:

« ER 13-18「写真と思い出」 | トップページ | ER 13-20「明かりが消える」 »