« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月17日 (水)

ER 13-12「傷ついた信頼」

■マイアミのテレビ局から番組出演のオファーを受けたケリー。コートニーには勧められるのだが、現場にこだわり受けるつもりはなかった。しかし予算削減のためにルカから解雇通告を受け、最後に自分の力を見せつけてカウンティを辞める。

■プラットが教会で処方した薬を服用したことが原因で患者が亡くなってしまう。州の医療委員会が調査に乗り出し大事になりそうなため、プラットはルカに事情を説明。自分一人が関わったことだと一緒に手伝っていたホープをかばい、処分を待つことになる。

■アレックスに良い影響を与えないとエリオット邸を出たサム。そのアレックスは盗んだモリスのクレジットカードで買い物三昧。最初は認めなかったアレックスだが、サムを訪ねてダラスからやって来たサムの祖母グレイシーに問い詰められると白状する。引越しが終わると、サムは手伝ってくれたベンとキスをした。

■サラを連れて出勤してきたゲイツ。後に酒に酔ったメグもERにやって来る。メグはニーラを見つけるや否や悪態をつき、夫の保険金で医学部に行かせてやったのにと皆の前でゲイツを罵倒した。激怒したゲイツは再度メグに別れを告げるのだが、納得しないメグは別れるなら二度とサラに会わせないと脅迫する。



まさかのケリーの解雇。マイアミへは行かないと言われた時のルカの残念そうな顔。あれはちょっとないでしょう
かつて同じようにジェニーの首を切ったケリーならルカの立場もわかると思うのですが、さすがに当事者になってしまうと「はい、わかりました」とは行きませんね。
デイブの時なんか問答無用だったのに(笑)

最後の治療シーンはケリーの意地を見ました。恩師ローレンス先生も最後はさすがという所を見せてましたよね。もうずっと前からERは慢性的な予算不足状態。ケリーを切ったところで一時しのぎだと思うのですが。寂しくなります。

サムのおばあちゃん。ぶっ飛んでますね~。サムの母親も服役中で5回の結婚!?アビーに負けず劣らずのトラブルファミリーだ^^;
アレックスも窃盗とはしっかり血を引いてるみたいで、サムは頭が痛そう。ベンはサムを支えてくれる存在になるかな?

メグはもう錯乱状態ですね。ゲイツもひどいとは思うけど。医学部へ行くために利用したと言われても仕方ありません。こんな二人を見て育ってきたサラは妙に冷めているというか大人びていて、ちょっと可哀想かも。早く決着させて下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年12月10日 (水)

ER 13-11「慈悲の街」

■先日ERに来たホームレスのテラーが、リジーを助けて欲しいと再びやって来た。テラー達の住処へ向かったのはこの日険悪ムードのレイとゲイツ。リジーが妊娠していることがわかり、その場で分娩を行った。リジーが児童福祉局に通報されることを恐れ病院へ行くのを拒んだため、ゲイツは通報はしないと約束。しかし病院へ着くや否やその約束を破り、あまりのやり方に激怒するレイ。テラーも納得しなかったが、みんなが同じ場所で暮らせるようにするということで渋々同意する。

■ルカとアビーはクリスマス・イヴということでひとまず和解するのだが、エイムスから接近禁止令が申請されたことがわかり再びアビーが激怒。ルカは家族を守るためにやったことだと説明するのだが、アビーはルカの変わり方が怖いのだと言う。そんなアビーにルカは自分の想いを伝え、アビーもそれに応えて抱擁する。

■ホープと聖書研究会へ出かけたモリスは、先進的な?解釈を披露してホープを感心させる。モリスがサンタに扮して娘のメリアや小さい患者に優しく接する姿に好感を抱いたホープはモリスをデートに誘うのだが、モリスはクリスマスムードに流されそういう関係になるのは嫌だと断り、後に激しく後悔することに。

■イメージにそぐわないという理由でマーシー病院から放り出されたホームレスの女性を担当したサム。連絡を受けてやってきた担当者は手違いがあったと苦しい弁明をして患者の引き取りを申し出るのだが、サムは断固拒否。費用はそちら持ちで女性を実家まで送り届けるようにと指示する。

■交通事故を起こしたテーラーオペに参加したニーラは、出血箇所を的確に止血してドウベンコに褒められる。また、ドラッグ中毒だったテーラーの元を去った家族を呼び寄せ再会させた。ドゥベンコから医学生の時に初めて買ったというルーペをクリスマスプレゼントに貰ったニーラは、数年後には外科の名医になるとお墨付きももらう。


アビー&ルカのコスプレ、ナイスでした。家でもやってましたね。セクシーサンタ♪
せっかく仲直りしたのにどうなることかと思ったけど、とりあえず一段落かな?でもまだエイムスの件が片付いていないので楽観出来ません。

ケイティがニーラに紹介した血管外科医は何だったの?ニーラがレイに気があると思って引き離しにかかったのでしょうか。でもクリーム噴射器じゃ無理でしょう(苦笑)
ゲイツもレイがニーラに気があることに気づいたようで、二人の対立は続きそう。来週はメグとニーラも?ドロドロしてきたなぁ^^;

モリスはここのところ良い面が描かれてますね。ホープへの態度。アルブライトの寝顔を写メに撮って得意になっていたのと同一人物だとは思えません(笑)モリスといえばレイやゲイツから先輩と呼ばれているけど、プラットは呼ばれないのに何でだろう?

来週は年内最後の放送ですがケリーが解雇!?プラットもピンチ、アレックスも問題を起こしてトラブル続出のようですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

ER 13-10「すべてを話そう」

■自宅の窓からエイムスらしき男を目撃したルカは、エイムスの職場を訪れ今度家族に近づいたら殺すと脅迫する。ようやくルカからエイムスが付けまわしていることを聞かされたアビーは、ルカの変わらない過保護さに激怒する。

■人事管理部のアジェラの娘ダニエルが血まみれで搬送されてきた。暴行された疑いがあるためニーラが診察しようとすると、ダニエルは自傷したと告白。過去にアンジェラが暴行されている現場を目撃したトラウマが原因だった。

■昨夜チャズが女友達を泊めたことを知ったプラットは、チャズがストレートだったと大喜び。しかしチャズに自分はゲイだと告白され動揺する。プラットに理解してもらえないとわかったチャズは、プラットの家を出て行く。

■ケイティとの関係を必死に隠そうとするレイだったが、周囲にはバレバレの状態だった。ニーラに学生と付き合うのはやっぱりどうかと苦言を呈されると、ゲイツと天秤にかけるのはやめろと怒鳴りつける。

■耳から頭にアイスピックを突き刺した男性が来院。常に稀なケースでどこの科も引き受けないため、モリスはERで引き抜くことに。ホープが挑むのだが失敗し、尻拭いをさせられたクレンショーは嫌味を言う。それに対してモリスが猛反撃。クレンショーを黙らせると、ホープはほんの一瞬モリスに心を許す。


エイムスの件でルカとアビーの雲行きが怪しくなってきました。エディの存在もルカには面白くなさそうですね。患者さんとプライベートな話はしませんって、患者の母親とプライベートな関係になるのは良いの?(笑)
まぁ、それは置いておいて少し過剰に反応しすぎな気もします。

モリスにキスしたいと言ったホープ。あんなに早く撤回するとは肩透かしをくらいました。ニーラはレイにも気がある感じ?いまいちわかりません。して新しい看護師のベンとサム。今後発展はあるのでしょうか。ベンはなかなか出来そう。ドーンもてきぱき仕事をこなすし看護師が充実してきた感じです。

現在の看護師長って誰なんでしょう。サム?それからERのチーフレジデントも。特にいなくても困りませんが、ちょっと気になります。

チャズがプラットに年寄りと言ってましたが、多分プラットと同じ年の自分としてはちょっと複雑な気分(笑)せっかく出会えた兄弟なのだから、いつかチャズを受け入れられる日が来るといいですね。チャーリーとも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »