« ER 13-11「慈悲の街」 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

2008年12月17日 (水)

ER 13-12「傷ついた信頼」

■マイアミのテレビ局から番組出演のオファーを受けたケリー。コートニーには勧められるのだが、現場にこだわり受けるつもりはなかった。しかし予算削減のためにルカから解雇通告を受け、最後に自分の力を見せつけてカウンティを辞める。

■プラットが教会で処方した薬を服用したことが原因で患者が亡くなってしまう。州の医療委員会が調査に乗り出し大事になりそうなため、プラットはルカに事情を説明。自分一人が関わったことだと一緒に手伝っていたホープをかばい、処分を待つことになる。

■アレックスに良い影響を与えないとエリオット邸を出たサム。そのアレックスは盗んだモリスのクレジットカードで買い物三昧。最初は認めなかったアレックスだが、サムを訪ねてダラスからやって来たサムの祖母グレイシーに問い詰められると白状する。引越しが終わると、サムは手伝ってくれたベンとキスをした。

■サラを連れて出勤してきたゲイツ。後に酒に酔ったメグもERにやって来る。メグはニーラを見つけるや否や悪態をつき、夫の保険金で医学部に行かせてやったのにと皆の前でゲイツを罵倒した。激怒したゲイツは再度メグに別れを告げるのだが、納得しないメグは別れるなら二度とサラに会わせないと脅迫する。



まさかのケリーの解雇。マイアミへは行かないと言われた時のルカの残念そうな顔。あれはちょっとないでしょうcoldsweats01
かつて同じようにジェニーの首を切ったケリーならルカの立場もわかると思うのですが、さすがに当事者になってしまうと「はい、わかりました」とは行きませんね。
デイブの時なんか問答無用だったのに(笑)

最後の治療シーンはケリーの意地を見ました。恩師ローレンス先生も最後はさすがという所を見せてましたよね。もうずっと前からERは慢性的な予算不足状態。ケリーを切ったところで一時しのぎだと思うのですが。寂しくなります。

サムのおばあちゃん。ぶっ飛んでますね~。サムの母親も服役中で5回の結婚!?アビーに負けず劣らずのトラブルファミリーだ^^;
アレックスも窃盗とはしっかり血を引いてるみたいで、サムは頭が痛そう。ベンはサムを支えてくれる存在になるかな?

メグはもう錯乱状態ですね。ゲイツもひどいとは思うけど。医学部へ行くために利用したと言われても仕方ありません。こんな二人を見て育ってきたサラは妙に冷めているというか大人びていて、ちょっと可哀想かも。早く決着させて下さい。

|

« ER 13-11「慈悲の街」 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »

コメント

こたちゃん、こんにちは!

トラブルファミリー、ほんとやな。
まともなのは、サムだけか?
ベンも、優しくて常識ある青年って感じなんだけど
こんな強烈家族に耐えられるかな…(^▽^;)

同じく家族の問題で大変な、メグ&サラ親子と、ゲイツ。
メグの醜態が見苦しい…と思われるやろうけど、
原因を作ったのは、ゲイツなんやからなあ…。
きちんとメグを納得させないと、な。
…でも、次回、そうもいかないようやな。。

予告で、大変なシーンをいくつも見せられて
これで20日間も、がまんせ~というのかっ!?
と、プンプンしておる、マークでした。

投稿: なにわのマーク | 2008年12月17日 (水) 16時15分

こたさん、こんばんは。
ケリーがやめるのは寂しいです。初登場の時を覚えていますか?娘のようにボブの髪にカチューシャをしていました。いろんな経験をつんだすばらしいドクターなのに・・・やめさせられるなんて!
サムはアレックスのためにエリオット邸を出たなんていっていますが、ほんとに子を想うなら一箇所にとどまるべきだと思います。まして窃盗などもってのほか!!たいへんなこと!罰を明日に延ばしてはいけません!彼女はやはり、子にとって何が一番大切かわかっていない気がします。
来年までしばらくお休みですね。またよろしくお願いします。

投稿: モス子 | 2008年12月17日 (水) 21時34分

マークさん、モス子さん。こんにちは!


>マークさん
サムもカウンティ他複数の病院で問題起こしてるし、しっかり血を引いてる?^^;
この家族の中にいたら10代でシングルマザーになっても浮かないかもしれませんね。
ベンはあちこち飛び回って様々な患者さんと接しているだろうから、案外大丈夫かもhappy01


サラがニーラに忠告してましたが、今のゲイツじゃいつニーラがメグのような扱いされてもおかしくなさそう。ニーラはもう少し慎重になった方が良いような気がします。


>モス子さん
ケリーの初登場はもう10年以上前なんですね。今観るとやっぱり若いです。
カウンティに来た時は嫌われていたけど、去る時にはみんなに惜しまれ
ドクターとしても人間としても大きく成長したのではないでしょうか。
長い間お疲れ様でしたという気持ちでいっぱいです。


親の勝手な都合で引越しを繰り返していては、アレックスがひねくれてもおかしくないですよね。落ち着いて暮らせる環境を整えてあげて欲しいです。
サムがアレックスに強く言えないのは、スティーブを撃った現場を目撃されたこともあるのかなぁ。窃盗もそのトラウマからなのでしょうか。
今後はより一層アレックスと向かい合って欲しいですね。
来年もまたよろしくお願いしますhappy01

投稿: こた | 2008年12月18日 (木) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174329/43442321

この記事へのトラックバック一覧です: ER 13-12「傷ついた信頼」:

» ER13-12「傷ついた信頼」Breach of Trust [ER緊急救命室~なにわのマーク、語る~]
[続きを読む]

受信: 2008年12月17日 (水) 16時18分

« ER 13-11「慈悲の街」 | トップページ | 明けましておめでとうございます。 »