トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

ER 13-1「危機脱出」

約1年振りに新シーズンがいよいよスタート!
初回は前シーズンからの続きの話でした。

■スティーブに拉致されたサムとアレックス。逃走を続けるスティーブはサムが足かせになると言う仲間二人と口論になり、二人を射殺してしまう。その後サムを犯して眠りにつくスティーブ。絶好の逃げる機会を得たサムだったが、その場を離れずスティーブの元へ近づき射殺した。

■転倒した影響で胎盤剥離の恐れのあるアビー。早産を嫌がっていたのだが、大量出血したため緊急帝王切開を受けることになった。産まれた子供(ジョーと命名)は危険な状態で、アビーも出血が止まらず子宮を摘出することに。

■胸に銃弾を浴びたジェリーは、ERで処置を受けた後オペ室へ。途中心室細動を起こしてドゥベンゴも原因がわからずにいたのだが、外から見ていたニーラの一声でジェリーは救われる。モリスは「中が見えるのか!」と驚嘆する。


サムはスティーブを断ち切りたかったのだと思いますが、これまで以上にスティーブの影に悩まされ、怯えることになるのではないでしょうか。

ルカ&アビーに息子が誕生。予断を許さない状況ですが、親子3人で乗り切ってくれるでしょう。それにしてもERの女性陣って安産だった人少ないなぁ^^;

オープニングのキャスト紹介がカットされてしまいました。すぐ本編に入れるのいいかもしれないけど、これから始まる期待感は薄れてしまいちょっと微妙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年10月 »